【恋するコーヒー】
夫婦の悩み

子どもが欲しい!なのにセックスレス…妊活中の夫婦生活の悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活でセックスレスになってしまう夫婦は意外と多いって本当!?

晴れて結婚、温かい家庭を夢見て「子どもは3人欲しいね」なんて話していたあの頃。新婚当初はラブラブなセックスもしていたはずなのに、いつからこんなことになっちゃったの?と夫婦の現状に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

そして、だんだんとセックスが減っていき、いつの間にかセックスレスに・・・その原因が「妊活」という方が意外と多いのも現実です。

初めは純粋に相手を求めてしていたセックス。そのうちに子どもを授かるだろうと思っていたのに、なかなかその日がやってこない・・・。妻は不妊治療に通うようになり、タイミングをはかっては「今日は排卵日よ」の一言でセックスをする日が決まる。セックスがだんだんと義務化されていく・・・

こういった流れの中で、女性はストレスを抱え、男性はプレッシャーに押されるようになり、純粋にセックスを楽しめなくなってきてしまうというケースが多くあるといいます。

妻である女性も夫である男性も、子どもを望む思いは同じです。そのプロセスとして重要なセックスに対して、お互いがプラスのイメージを持っていないのはとても残念なことです。子どもをつくるという目的のためだけのセックスは、愛ある行為とはかけ離れたものになってしまうこともあります。

相手の体調や気持ちに心を配ることも忘れ、まさに義務としてのセックスになりがちです。それが行き過ぎた結果、セックスレスというところにまで至ってしまうご夫婦も少なくありません。

せっかく妊活をしているのに、これでは子どもを授かることから遠ざかってしまいますね。では、この状況を打開するにはどうすればいいのでしょうか。

【恋するコーヒー】

どうして私たちはセックスレスなの?妊活中に陥りやすい夫婦の考え方

妊活のストレスなどからセックスレスに陥ってしまった場合、それを解消することは簡単なことではありません。しかし、解決の糸口は必ずあるはずです。

妊活中、女性は忙しい合間をぬって通院します。採血や検診で痛い思いや不快な思いをすることもあるでしょう。多くの男性はその事を知らない、あるいは、知っていても目に見えていたわってくれることはないかもしれません。

そんな女性は、お腹の大きな妊婦さんを見かけたときや、知人に妊娠報告をされたとき、羨ましく思うこともあるでしょう。もしかしたら、男性はそれに気づいていないかもしれません。

かわって妊活中の男性は、女性の大変さに気づいていても、どう和らげてあげるべきかわからない場合があるかもしれません。思わぬ一言で傷ついてしまう妻に、なんと声をかけたら良いかわからなくなる時もあるでしょう。

また、「今日が排卵日」と告げられた日のセックスは、ムードや気持ちよりも義務感が先行してしまい、セックスそのものがうまくいかないこともあるかもしれません。女性は男性のその心の変化に気づかず、がっかりした姿を見せていませんか?それでは男性はきっと傷ついてしまうでしょう。

男女ともにデリケートなセックスの問題。先ほどあげたのはほんの一例です。こうしたことの積み重ねで、どんどんセックスに対して消極的になっていき、セックスレスに陥ってしまうパターンが多く見られます。

自分に魅力がないから、歳をとったじからセックスレスになったと考える方もいますが、もしかすると外見や年齢的な要因ではなく、相手を思いやる気持ちが欠けてしまったことがセックスレスの原因になっているかもしれません。

相手が○○してくれない、自分はがんばっているのに、なんて思っていませんか。今一度冷静になって、自分、相手の両方を見つめ直してみてください。
1

セックスレスを解消して充実した妊活をしたい夫婦にできること

お互いを想い合ってするセックスは、心身ともに充実したものになります。相手が疲れているから、今日は自分が頑張ってみようとか、いつもと少し違った趣向を取り入れてみようとか、そういった思いやりが夫婦生活の質を上げることにつながるのです。お部屋のムード作りを工夫してみても気分転換になるかもしれませんね。

また、お互いの思いを伝え合う機会も大切です。セックスレスになってしまったことで閉ざしてしまった心の扉はありませんか? 思いを言葉にするのがためらわれるようでしたら、いつもよりも笑顔で声をかけてみるだけでもいいのです。

普段の生活でも、スキンシップを避けてしまっていませんか?少し手を握ったり、軽くキスをするだけでもいいのです。相手をいたわる気持ちや愛情をそれとなく伝えることで、きっと相手の気持ちも和らいでくるでしょう。

もちろん、自分たちが頑張るだけではなく、妊活によいとされるサプリメントを利用するのもいいかもしれません。たくさんのサプリメントが出ていますから自分に合ったものを選ぶことができます。

この時、男女どちらかだけが服用するのではなく一緒に服用することで飲み忘れも防げるほか、夫婦共に妊活しているという一体感をもってのぞめます。生活の中に習慣として妊活を取り入れることで、妊活が排卵日だけのものではないというイメージを作ることにも役立ちます。

セックスレスであるという現状を変えることは、一見とても難しいことかもしれません。しかし、夫婦の「子どもがほしい」という気持ちが一致しているのであれば、お互いを想い合い、頑張ってみる価値はあるはずです。

夫婦一緒に楽しめて、セックスレスを改善するものとは…

妊活でセックスが義務化してしまって、セックスが楽しめない時には、【恋するコーヒー】を取り入れてみませんか?食事の後にパートナーの為にコーヒーを淹れて、香りに癒されながら二人で一緒にリラックスタイムを楽しみましょう。そうするうちに、お互いの心も身体も心もポカポカ。雰囲気作りにもうってつけです。ぜひお試しくださいね。
NHC箱
▶︎詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加